引っ越し前に子どものための環境を考えよう!

引越しと時期

引っ越しする前に子どものために環境を考えよう

子どもが転校しなければならないとしても、旦那さんの仕事の関係で遠くに引っ越ししなければならない家庭はあります。

旦那さんが単身赴任するのも選択肢の一つですが、子どもが寂しい思いをしないためにも一緒に引っ越す家庭が多いのではないでしょうか。

そんな時には子どものために新居の環境をしっかりと考えなければなりません。

現代社会では環境の変化によってストレスを抱える方が多く、この点に関しては子どもも大人も一緒です。

小さな子どもでもストレスは溜まりますし、今まで住んでいた場所とは違うところで生活しなければならないので精神的な不安を抱えることもあります。

以下では、子どもにとってどのような環境の新居がベストなのか幾つかの例を挙げてみたので、何を基準にすれば良いのか分からない人は確認してみてください。

  • 都心に引っ越すにしても田舎へと引っ越すにしても、以前と似た環境の場所を選ぶ
  • お子様が小さいのならば2階以上のマンションへと引っ越す際に落ちるリスクがないか確かめる
  • 新居先で長く過ごしていく予定ならば小学校や中学校の位置を確認しておく
  • 公園や児童館など自宅の近くに子どもが遊べる場所があるのかチェックする

これが全てというわけではありませんが、少しでも子どもに加わる精神的な負担を和らげてあげるのが大事だとお分かり頂けるはずです。

子どもの健やかな成長のためには住み続ける環境が重要ですし、今後出産を控えている家族にも該当します。

  1. 今の住居から環境の良い場所へと引っ越す
  2. 想像以上に住みにくくて別の場所を探す
  3. 住居が変われば変わるほど子どもへと負担が加わる

このように引っ越しを短期間で繰り返すのは大きな負担になりやすく、長期間に渡って住み続けられるかどうか考えなければなりません。

もちろん、引っ越した後も子どもの気持ちのケアを行わなければならず、少しでも新しい環境へと溶け込めるように家族で一緒に過ごす時間を長くとってみてください。

引っ越しで環境が変わる際に行わなければならない手続きは何?

引っ越しで環境が変わるに当たり、行わなければならない手続きはたくさんあります。

住民票の変更といった手続きはもちろんのこと、子どもがいる家庭では必要書類の提出も多くなるので注意が必要です。

下記では子どもがいる家庭で引っ越しの際に行う手続きをまとめてみました。

  • 児童手当の再申請:以前まで住んでいた場所の役所で住民課税証明書と所得証明書をもらう
  • 学校の転校手続き:在学証明書や教科書給与証明書といった書類が必要
  • 病院を探す:手続きというわけではないが、小さな子どもが病気になった事態を想定して小児科のある病院を探す

上記が全ての手続きというわけではないものの、押さえておかなければならないポイントとなっています。

大人にとっても環境が変わると精神的な負担は加わりやすく、事前に新居の下調べをしておくのが大事です。

当サイトでは地域の子育て情報を掲載していますので、よければ参考にしてください。徐々に増やしていっておりますがまだまだ掲載数も少ないので、あなたの引っ越し先の町が載っていない場合はすみません。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 10 =