シングルファーザー(父子家庭)の引っ越し

こどもと引っ越し

シングルファーザー(父子家庭)の引っ越しはどう?

シングルファーザーとは一人で子どもを育てている未婚の父親のことを指し、父子家庭とも呼ばれています。

現在ではシングルマザーと比較するとかなり少数派です。適切な援助を得にくいことが多く、仕事をしながら子どもを育てなければならないので大変なのは間違いありません。

特に、シングルファーザー(父子家庭)の引っ越しは想像以上に大変で、一度経験したことのある方ならばお分かり頂けるはずです。

仕事をしながら子育てを行い、更に引っ越しの準備をしなければならないため、まずはどのような手続きが必要なのか事前に確認しておきましょう。

  • 退去手続き:契約期間を把握して退去する日時を伝える
  • 転出届や転居届:県外ならば転出届、県内ならば転居届を市役所で発行してもらう
  • 印鑑登録:旧住所の市役所で印鑑登録証を返納して新しい住まいで新たに登録する
  • 住所変更手続き:国民健康保険や国民年金といった住所変更の手続きを済ませる
  • ライフラインの解約:水道やガス、電気を止めるために契約している会社へと電話する
  • 児童手当の手続き:旧住所の役場へと出向いて児童手当受給事由消滅届を提出し、新住所の役場で児童手当認定請求書を提出する

 

このような引っ越しの手続きが必要なのは何もシングルファーザー(父子家庭)に限った話ではありません。

しかし、ただでさえ時間を確保するのが難しいはずなので、行き当たりばったりではなく事前に必要な情報をまとめてExcelやノートで管理しておくべきです。

お仕事の内容によっては時間を取れないことも多く、お近くに住む両親や親戚の手を借りるのも選択肢の一つとなっています。

男手ひとつで娘や息子を育てるのかどれだけ大変なのか親族は把握しているはずですし、事前に相談すれば引っ越しのサポートをしてくれるはずです。

また、引っ越しをするには業者を選ばなければならず、シングルファーザーが大型の車を借りて荷造りや搬入を自分で行い、尚且つ子どもの面倒を見るのは不可能に近いでしょう。

大手の業者ならば忙しい方のために全ての作業を行ってくれるおまかせパックが用意されており、父子家庭の手助けとなるはずです。

当サイトでは複数の業者へと一括で見積もりを依頼し簡単に比較できるサービスをご紹介しているので、ためしに登録してみるのもいいのではないでしょうか?

シングルファーザーが住みやすい街をチェックして引っ越ししよう

シングルファーザーとして今後も子どもを育てながら仕事を両立させていくのならば、引っ越しの前にどのような街が住みやすいのかチェックしておかなければなりません。

「○○○がベスト」とは明確に決められていないものの、以下では父子家庭の方におすすめの住居の目安をご紹介しているので一度確認しておきましょう。

  • 家賃の安さではなく職場にできる限り近い物件を選ぶ
  • 職場に近くて尚且つ子どもの登校に便利な場所がベスト
  • 住居費は手取りの収入の3分の1以下を目安に考える
  • 児童館や格安の託児所などのサポートが充実している地域を選ぶ
  • 保育園の送り迎えや子どもが体調を崩した際のケアとして両親の住居の近くに住む

上記のような選び方が適しており、職場の近くに住居を構えるのは特に大事な要素の一つとなっています。

自宅からの通勤時間を短縮すればそれだけ子どもとの時間を取りやすいですし、お子様が小さいのならば保育園への送り迎えのしやすさは重要です。

また、引っ越しが無事に終わったとしても、シングルファーザーとして生活を送っていくに当たって様々な支障が生じます。

子どもに不自由な思いをさせないためにも、どのような点を意識して日常生活を送れば良いのか以下では簡単にまとめてみました。

  • 子どもへと安心感を与えるために学校の行事はできる限り参加する
  • 恥ずかしがらずにママ友の輪に入って情報交換を行う
  • 明るい父子家庭だとカミングアウトするために授業参観や保護者会は欠かさずに出席する
  • 両親やご近所の好意は断らずに甘えても全く問題はない

「自分はシングルファーザーだから恥ずかしい」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

子どもと二人で過ごす生活を始めたばかりはこのように考えるのは仕方がないものの、現在では父子家庭を応援する制度も少しずつ整っているので親子で努力して苦難を乗り越えていきましょう。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =