引っ越し後の子どもの予防接種について

引っ越し後も子どもに予防接種を受けさせよう

予防接種とは病気に対する免疫力を付けるためにワクチンを体内へと投与する処置のことを指し、日本の国民のほぼ全てが子どもの時に受けているはずです。

  1. ワクチンを投与してから1週間~2週間くらいで抗体が体内にできる
  2. 予防接種後はその病気を発症しにくくなる
  3. 4ヵ月~5ヵ月程度は効果が持続する
  4. 弱いウイルスを投与するので副作用の心配は基本的にない

このような特徴が予防接種にはあり、病気を未然に防ぐために欠かせないので引っ越し後も同じように子どもへと受けさせなければなりません。

しかし、引っ越しで市役所や区役所で行う手続きが遅れていると以下のような弊害があります。

  • 赤ちゃんを病院へと連れていった際に医療費の補助を受けられない
  • 予防接種券をもらうことができない
  • 児童手当ての受給が遅れて損をする
  • 赤ちゃんの定期健診が受けられない

このようなデメリットがあるので、赤ちゃんの引っ越し手続きは直ぐに済ませておかなければならないことがお分かり頂けるはずです。

予防接種を受けるためにどのような手続きを行えば良いのか以下では簡単にまとめてみました。

  1. 引っ越し前の住居で受けた予防接種の種類を書き出す
  2. 役所で予防接種を受けるための申請用紙を書く
  3. 手続きを済ませて予防接種券をもらう(同時に母子手帳が必要となるので注意)
  4. 病院を受診して希望する予防接種を赤ちゃんに受けさせる

子どもがいる家庭での引っ越しはゴチャゴチャとしており、他にも児童手当や健康診断の手続きも行わなければならないので戸惑うかもしれません。

引っ越し後に子どもが受ける予防接種の日程を確認しておこう

何も引っ越し後に限った話ではありませんが、子どもが受ける予防接種の日程をきちんと確認しておかなければなりません。

所定の手続きを役所で行うだけではなく、自治体や保険所へと確認してスムーズに予防接種が受けられるように準備するのが大事です。

・B型肝炎ワクチン
・ヒブワクチン
・不活化ポリオワクチン
・BCGワクチン
・水痘(みずぼうそう)ワクチン
・インフルエンザワクチン
・おたふくかぜワクチン

予防接種と一口に言っても上記のように種類が多く、中には1つのワクチンを投与した数日間後にもう1種類のワクチンを投与するというスケジュールになるケースがあります。

同じワクチンでも病院によって種類が違うこともありますし、引っ越しの際は事前に把握しておくべきです。

また、引っ越しの際に、予防接種の手続きを行う前に住民票を移すと予防接種などの行政サービスが受けられなくなるので注意しなければなりません。

手続きを忘れて時期を逃せば予防接種が実費負担となるため、引っ越す前から行わなければならない手続きをリストへとまとめおくのがいいでしょう。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + seven =