子ども連れの引っ越しは親も憂鬱になる?

引越しと悩み

子ども連れの引っ越しは親も憂鬱になるの?

マイホームへの引っ越しは新しい暮らしを想像するだけでもテンションが上がり、どの年齢になってもウキウキとするかもしれません。

しかし、子ども連れの引っ越しは皆さんが想像している以上にハードな作業で、普段の家事や子育てが合わさって疲労が溜まり、憂鬱な状態に陥るママもたくさんいます

  • やる気の無さや倦怠感といった体調不調のような症状を引き起こす
  • 憂鬱な状態が続いてストレスが溜まってうつ病や自律神経失調症といった病気を患う
  • 楽しいことが「辛い」「苦しい」といった気持ちへと変化する

憂鬱の状態があまりにも長く続いていると上記のような症状に陥りやすく、ストレスを溜め込みやすい方は特に注意が必要です。

小さな子どもの面倒を見ながら引っ越しの準備を行うのは誰でも大変なので、業者で用意されているおまかせパックの利用をおすすめします。

業者によってはらくらくパックといった名称で呼ばれており、自分たちに変わって荷造りや荷解きといった作業を全て一括して行ってくれるのが特徴です。

以下では、大手の引っ越し業者のアート引越センターで取り入れられているおまかせパックがどのようなものなのかご紹介しているので、利用を考えているご家族は一度チェックしておきましょう。

①お客様に代わって荷造りを行う
②大型家具や家電を梱包する
③スピーディーに搬出する
④特別仕様の専用車で大事に輸送する
⑤新居を傷付けないように保護する
⑥丁寧に搬入してセッティングまで行う
⑦荷解きと後片付けの作業を行う
⑧後日不要な資材を回収する

このように全ての作業を任せられるのが大きなメリットで、アート引越センター以外の業者に関しても大まかな流れに関しては一緒です。

荷造りにかける時間が少なくて済むので子どもの面倒をしっかりと見ることができますし、ストレスが溜まって憂鬱になるのを防ぐことができます。

子どもが寝静まった後に作業をするのも大変なため、おまかせパックやらくらくパックが役立つのです。

引っ越し準備の憂鬱を解消するには?

子どもの世話が忙しくてスムーズに引っ越しの作業を進められず、憂鬱な気分に陥る女性は多いと上記ではご説明しました。

そこで、以下では引っ越し準備の憂鬱を解消するためにどのようなことをすれば良いのかまとめているので、ストレスを抱えている方は実践してみましょう。

  • 新しい住居でのレイアウトを考えて楽しみを増やす
  • 旦那さんと一緒に準備を行って一人の負担を減らす
  • 焦らないで1日で少しずつ進めようと自分に言い聞かせる
  • たまには気分をリフレッシュさせるために子どもを親戚に預けて趣味の時間を増やす

引っ越しの作業が重荷になってうつ病や自律神経失調症といった病気を患っていては、新しい環境での生活で支障が出ます。

そのため、あまり張り切り過ぎずに上手く気分転換をしながら引っ越しの準備へと取り掛かってみてください。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × one =