引っ越しの訪問見積もりのコツ

引っ越しの訪問見積もりを依頼するコツを把握しておこう

引っ越しの訪問見積もりを業者へと依頼するに当たり、少しでも費用を安くするためのコツを把握しておく必要があります。

2人家族や3人家族は単身よりも荷物量が多いので費用が高くなりやすく、子どもが多ければ多いほど上がるのは当然です。

しかし、訪問見積もりを依頼するコツを把握しておけば何もしないよりも安くなるので、引っ越しを考えている方は一度チェックしておきましょう。

1社だけではなく複数の業者に見積もりを取ってもらおう

引っ越し費用を安くするコツとして、1社だけではなく複数の業者へと訪問見積もりをしてもらうのが最も効果的です。

  • 最初から○○○引越センターに決めておく
  • 4社~5社の業者をピックアップして見積もりを取る

上記のケースでは後者の方が引っ越し費用が安くなり、値引き交渉のカードとして使えるのが大きな理由となっています。

そもそも、1社だけに見積もりを取ってもらって値引き交渉をするのはあまり意味がなく、業者は最初から高い料金を掲示してくるからです。

  1. 引っ越し料金が高くなる設定の表から算出する
  2. 3月から4月にかけての繁忙期の最高値に設定されている
  3. ユーザーの引っ越し状況に合わせてかなりの値引き幅を持っている
  4. 一度目の値引き交渉では適正価格よりも少し高めの状態になるだけ

このような戦略を引っ越し業者は行っており、一度掲示した料金を下げることで安く見せて契約へと結び付けようとしています。

良い印象を受けないかもしれませんが、アート引越センターやアリさんマークの引越社といった大手の優良な業者でも行われているのでこの点に関しては仕方ありません。

しかし、近年ではインターネットの発達によって簡単に他社と比較できるようになり、複数の業者へと見積もりを取れるサイトも登場したのでこの手法は通用しなくなりました。

  1. 一括見積もりサイトに登録して複数の業者へと訪問見積もりを依頼する
  2. 最初に大手のA社へと訪問見積もりをしてもらって価格を知る
  3. 次にB社へと依頼してA社の料金を伝え、是が非でも請け負いたい仕事ならば更に安くしてくれる
  4. 今度はC社へと依頼してB社の料金を伝えればそこから更に値引きされる

上記のように、ユーザーが積極的に参加しなくても引っ越し業者同士で値引き合戦が始まり、費用を徹底的に抑えられるというメカニズムです。

それに、一括見積もりサイトを利用するユーザーの場合、業者側も他社と比べられていることを把握しているので最初から安い価格を掲示しやすくなります。

よりどりみどりのメリットがあるので、一括見積もりサイトの利用が引っ越し料金を安くするコツだとお分かり頂けるのではないでしょうか。

引っ越し料金がどのような基準で決まるのか把握しておこう

ネームバリューのある大手の引っ越し業者でも、サービスの良さで人気を得ている地域密着型の引っ越し業者でも料金の基準はある程度決まっています。

以下では、訪問見積もりの際にどのような基準で料金が決められるのかまとめてみました。

  • 荷物量:単純に引っ越しで運ぶ荷物量で、単身よりも家族の方が多くなる
  • 搬出の難易度:エレベーターの有無や玄関からトラックまでの距離
  • 輸送距離:移動距離が長ければ長いほどガソリンなどのコストがかかる
  • 作業日時:3月~4月の繁忙期や土日祝日は申し込みが集中するので比較的高い
  • 特殊な荷物:グランドピアノや大型家具など運び出すのが難しい荷物があると高い

上記の基準を考察すると、どうすれば引っ越し費用が安くなるのか自然と答えは出てきます。

  • 不用品はできる限り処分して荷物量を少なくする
  • エレベーターが備わっているマンションに引っ越す
  • 同一区内など短距離の場所に引っ越す
  • 申し込みの少ない平日に予約を入れる
  • 特殊な荷物がなく冷蔵庫や洗濯機も小さい

引っ越し先の場所や環境はどうにもできないかもしれませんが、「荷物量を少なくする」「平日に依頼する」「大型の家電は現地で購入する」というコツを把握しておけば費用を安くできるのです。

「いつか使うかもしれないから物を捨てられない・・・」という気持ちは大いに分かるものの、必要のないものを新居に持って行っても邪魔になるだけなので取捨選択をしっかりと行ってください。

弱腰で値引き交渉に臨まないようにしよう

弱腰で値引き交渉に臨むのではなく強気で攻めるのも引っ越し費用を安くするコツの一つです。

上記では複数の業者へと訪問見積もりをするのが良いと説明しましたが、最初の業者で以下のような誘いがあるかもしれません。

  • 他社よりも圧倒的に低価格なのがウチの売りです
  • 今決断してくれれば○○○○円とお安くしておきますよ
  • 即決しなければ○○○○円では難しいですね~

「嫌と言えない」「冷静さを失ってしまう」「諦めが早い」という人は上記のような誘惑でOKサインを出してしまいがちです。

しかし、これは引っ越し業者の罠なのは間違いなく、即決しないで少なくとも5社~6社まで訪問見積もりをしてもらって依頼する業者を決めましょう。

もちろん、費用の安さだけが引っ越し業者の全てではなく、小さな赤ちゃんがいるご家族ならばおまかせパックといったサポートが取り入れられているかどうかが重要です。

「安い=サービスが良い」というわけではないので、依頼する引っ越し業者は総合的に判断してください。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!