長距離の引越しの見積もりも取れる?

長距離の引越しの見積もりも取れるの?

ご家族によっては旦那さんの転勤によって関東エリアから九州エリアと、長距離の引越しをしなければならないケースはあるかもしれません。

近距離でも長距離でも同じように引越し業者へと見積もりを取ることが可能で、トータルでどのくらいの費用がかかるのか把握しておくのは大事です。

そこで、以下では長距離の引越しの見積もりを取る上でのポイントを幾つかご紹介しているので一度確認しておきましょう。

できる限り多くの引越し業者の見積もりを取ろう

長距離の引越しだけではなく同一区内の引越しにも該当しますが、少しでも費用を安くするにはできる限り多くの業者の見積もりを取る必要があります。

500㎞を超える引越しでどの程度の費用がかかるのか以下では簡単にまとめてみました。

  • 単身:8万円~18万円
  • 2人家族:15万円~25万円
  • 4人家族:20万円~30万円

子ども連れの家族は荷物量が多くなりやすく、格安の料金で済ませるのは少々難しいかもしれません。

だからこそ多くの引越し業者の見積もりを取る必要があり、複数の業者を比較検討すれば無駄な費用を節約できます。

見積書を見て最も安い業者を選択すれば良い話ですし、当サイトでご紹介している一括見積もりサービスの引越し侍を使えば値引き交渉も想像以上に簡単です。

「口下手だから値引き交渉は難しい」という方でも、業者同士が勝手に価格競争をして長距離の移動も安く済ませられるのでご家族での引越しの際は特に引越し侍を活用してみてください。

長距離の引越しには混載便を活用しよう

長距離の引越しを考えているご家族には混載便の利用が適しています。

  • 複数の荷主様からの荷物を1台のトラックで輸送するシステム
  • 同じ方面への荷物は一緒にまとめて送る
  • 引越しを終えて帰ってくるトラックを使うので料金が安くなる

少しでも引越しの費用を安くしたい方に混載便はおすすめで、地域密着型の中小企業で取り入れられているサービスです。

全国展開する大手の引越し業者では人員も多いので一つのトラックで最後まで運んでしまうものの、中小企業ではコストの削減のために混載便を取り入れています。

引越しは大手だから安いとは限らないので、長距離の移動ならば中小業者への見積もりも取った方が良いのではないでしょうか。

ただし、一緒に運ぶ荷物が全て揃ってからの配送となり、通常よりも長い時間がかかるというデメリットがあるので注意しなければなりません。

引越しの荷物が到着する時間も事前に指定できないケースが多く、「時間は融通が利くからとにかく費用を安くしたい」というご家族は混載便を活用してみてください。

長距離の引越しで宅急便を利用しよう

業者の中には宅急便が取り入れられており、長距離の引越し料金を少しでも安くしたいと考えているご家族におすすめです。

クロネコヤマトの宅急便が数多くの業者の中でも有名で、「らくらく家財宅急便」という引越しを請け負うパックを使う形となります。

距離が長くなればなるほど割安になり、時間も自由に設定できるので自分のペースで運べるのもメリットの一つです。

  • どのくらいの移動距離なのか?
  • ダンボールの箱の「高さ+幅+奥行」はどのくらいか?
  • トータルの重さは何キログラムか?

この3点で引越し料金が決まるので、宅急便が良いと感じたご家族は業者へと電話して見積もりの依頼をしてみてください。

長距離の引越しにかかる日数はどのくらい?

長距離の引越しは費用だけではなく、どのくらいの日数がかかるのか気になるところかもしれません。

  • 東京都⇒北海道
  • 神奈川県⇒九州
  • 関東圏⇒関西エリア

場所によって料金設定には違いが生じているので一概には説明できないものの、2日~1週間程度と心得ておいた方が良いでしょう。

フェリー便やコンテナ便を使った引越しは長い日数がかかりやすく、どんなに短くても3日程度は必要となります。

荷物を搬出した後に何もない部屋で寝るのは不可能ですし、実家やホテルに泊まって新居に荷物が届けられるのを待つのが一般的です。

最も日数が早いのはトラックチャーター便ですが、利便性が高い代わりに費用も割り増しになりやすいのでどの方法がベストなのかご家族で話し合ってみてください。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!