引越し業者へのお礼は必要なの?何をどれだけ渡せばいい?

引越し業者へのお礼は渡すべき?

業者へと引越しの依頼をするとご家庭の状況に合わせて数人のスタッフが自宅へと訪れ、作業を開始する形となります。

  • 単身での引越し⇒荷物量が少なければ2人~3人
  • 家族での引越し⇒荷物量に応じて3人~5人

このようにスタッフの人数には違いが生じており、作業が終わった際にそれぞれにお礼を渡した方が良いのか疑問を抱えている方は多いかもしれません。

確かに、一昔前はお礼を込めてチップを渡す習慣があったものの、現在では企業の方針によって金銭関係は受け取らないケースが増えています。

  • 小さな祝儀袋や白い封筒を使用する
  • 「寸志」や「お礼」と書く
  • 1人分当たり1,000円程度をまとめて入れる
  • リーダー格の人にお渡しする

上記のような仕来たりは現在ではなく、あまりにも多額の現金を渡すと逆に気を遣ってしまうはずです。

そこで、テキパキと作業をしてくれたことを感謝してどうしてもお礼をしたいのならば以下のような簡単なものにしましょう。

  • ペットボトルの飲み物
  • 糖分で疲労回復できるお菓子
  • 汗を拭き取る清潔なタオル

「飲み物や食べ物じゃ素っ気無いのではないか?」と考える方は多いものの、あくまでもお礼は気持ちとして渡すものなので値段は関係ありません。

体力を使う引越し作業をしていると喉が渇くのでスポーツドリンクはありがたいと感じますし、貰い物のタオルを渡すのも喜んでもらえます。

引越し業者へとお礼を渡すベストなタイミングはいつ?

引越し業者へとお礼を渡すタイミングは特に決まっておらず、渡さなければならない決まりはないので依頼主の気分次第で結構です。

しかし、作業の途中で渡すと邪魔になってしまう可能性があり、作業前や作業後のタイミングがベストなのではないでしょうか。

  • 作業前⇒「今日は宜しくお願いします」と言ってペットボトルのジュースを渡す
  • 作業後⇒「今日は本当にありがとうございました」と飲み物や食べ物を渡す

作業員とは言っても人間なのでやる気やモチベーションは変わりますし、作業前に自分の気持ちを伝えれば嬉しくなって普段よりも張り切ってくれるかもしれません。

もちろん、何も渡すものがなくてもスタッフが不満を抱えることはなく、差し入れをしなかったからといってプロならば作業が雑になることはないはずです。

それでも、全ての作業が終わった後に「ありがとう」という一言は添えたいですし、「お金を払っているのだから当たり前」という傲慢な態度は人として取らない方が良いでしょう。

お礼をしなくても質の高いサービスを提供してくれる引越し業者は多く、当サイトでご紹介している引越し侍を利用すれば複数の中から徹底的に比較できます。

引越しにおいて相見積もりを取るのは想像以上に大事なことなので、ご家族での引越しを考えている方は引越し侍を利用してみてください。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!