引っ越しの際のダンボールは自分で用意すべき?

引越し大変

引っ越しの際のダンボールは自分で用意すべきなの?購入できる?

引っ越しの際に欠かせないアイテムがダンボールで、単身でもご家族でも必要なのは一緒です。

そんな引越しにおいては必須アイテムともいえるダンボールですが、どれくらいの枚数のダンボールが必要なのかを調べてみました。

  • ワンルームの単身引っ越し⇒10枚程度
  • 1DKの単身引っ越し⇒20枚程度
  • 2DKの夫婦の引っ越し⇒30枚~40枚程度
  • 3DKの子ども連れの引っ越し⇒50枚~60枚程度

このように意外と多くの枚数のダンボールが必要となり「自分で用意しなきゃならないの?」と疑問を抱えている方は多いかもしれません。

自分たちで用意するのは選択肢の一つで、どのような方法でダンボールを入手できるのか以下では簡単にまとめてみました。

  • スーパーやホームセンターで使用済みのダンボールを貰う
  • ドンキホーテなどで新しいダンボールを購入する
  • Yahoo!ショッピングや楽天といったネット通販で購入する

このような方法で様々なサイズのダンボールを入手することができます。こうして無料ですら入手できるダンボールですが、これが引っ越しの際に大活躍するんですね。

引っ越しの際のダンボールは業者からもらうことはできる?

上記では引っ越しで使うダンボールは、ホームセンターでもらったりネット通販で購入したりできると説明しました。

しかし、これらの2つの方法には以下のような大きなデメリットがあります。

  • スーパーでもらう⇒ジュースや果物用の小さすぎるサイズがメインで使いづらい
  • ネット通販で購入する⇒1枚当たり200円と少々料金が高い

ネット通販での相場は1枚当たり200円と高く、子ども連れの家族で50枚程度用意しなければならない場合は1万円もかかるのです。これはけっこう痛い出費ではないでしょうか?

このような出費を減らすためにも、引っ越しの際のダンボールは自分で用意するのではなく業者からもらうのがいいでしょう。

ダンボール50枚まで無料」「梱包用ガムテープもついてくる」というサービスを実施している引っ越し業者も多く、そういった業者なら頼んでおけば訪問見積もりをした際に持ってきてくれるのです。

ダンボール分のサービスは引っ越しの基本料金の中に含まれています。スーパーのダンボールは雨に濡れたり臭くなったりして業者にとっても迷惑なので、避けられるものなら避けた方が良いかもしれません。

当サイトでご紹介している引越し侍では大手の業者を比較できます。紹介されている業者も無料のダンボールサービスがついていて信頼性の高いところばかりです。

見積もりの依頼を自分たちに代わって行ってくれるので、どの引っ越し業者が良いのか分からないという方は引越し侍を活用してみてください。

引っ越しで余ったダンボールはどうすれば良い?

引っ越しでダンボールを業者から貰い、全てを使い切れずに余ってしまったというケースは意外と多いはずです。

「子ども連れの引っ越しではかなりの数のダンボールになりそうだから沢山貰ったけれど、実際はあまり使わなかった」という場合、どのように処分すれば良いのか分からないかもしれません。

業者が配ってくれるのは新品のダンボールですし、そのまま捨てるのは申し訳ないので余ったものは業者に返しましょう。

ダンボールが必要ないことを引っ越しの当日に告げれば持って帰ってくれるはずですし、旧住居へと置きっぱなしにすることはないはずです。

引っ越し先で使い終わったダンボールに関しては、資源ごみや家庭ごみとして処分する形となります。

ただし、引っ越しで使ったダンボールをまとめてゴミとして出すと他の住人に迷惑がかかりかねないので、数週間~数ヵ月にかけて少しずつ処分するのがいいでしょう。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − eleven =