引っ越しの前準備すべて!準備期間・リストやスケジュール・必要物品・荷造りのコツ

転校と引越し

引っ越しの準備にかかる期間はどのくらい?

引っ越しを行うに当たり、準備にかかる期間はどのくらいだろうと疑問を抱えている方も多いはずです。

ゆとりを持って引っ越しの準備を行おうとするならば、遅くとも1ヵ月前から荷造りや業者選びを少しずつ行っていく必要があります。

しかし、荷物量や生活の状況で準備期間は大きく異なるので注意しなければなりません。

  1. 単身の引っ越し⇒荷物が少ないので短くて済む
  2. 夫婦の引っ越し⇒荷物の量が多くなるので荷造りが大変
  3. 子ども連れの家庭の引っ越し⇒小さな子どもがいる場合は負担が大きくなる

上記のように、単身ならば数日前から準備を始めれば間に合うかもしれませんが、夫婦や子連れの家族の引っ越しはある程度の期間を設けておくのが大事だと心得ておくべきです。

単身やファミリーなど全ての方を合わせた引っ越しの準備期間に関するアンケートをHOME’Sが取ったところ以下のような結果が出ました。

  • 当日:8.3%
  • 2日~6日:15.8%
  • 1週間~2週間:20.8%
  • 2週間~4週間:24.9%
  • 1ヵ月~2ヵ月:22.7%
  • 2ヵ月~3ヵ月:5.8%
  • 3ヵ月以上:1.7%

データを見てみると意外と前もって準備を徹底している方が多いのです。きちんとスケジュールを立てていれば直前で慌てる心配はありません。

単身の引っ越しならば当日の準備でも問題はないかもしれませんが、子ども連れの夫婦ならばやることが多いのでどんなに短くても1ヵ月は余裕を持たせましょう。

荷造り準備に加えて役所手続きを行わなければならず、更に引っ越しのための業者選びも同時に進める必要があり、大変だと感じている方には当サイトでご紹介している引越し侍をおすすめします。

優良な業者から最大で10社まで選び、一括で見積もり依頼をしてくれる利便性の高いサービスなので、子連れの家族の引っ越しには引越し侍を活用してみてください。

引っ越し準備のコツはリストとスケジュールの作成!

ここでは、引っ越しの準備を行う際のリストとスケジュールの作成について説明しています。

引っ越しの荷物リスト

引っ越しをスムーズに行うに当たり、荷物リストを作成しておくのはいい考えです。

業者へと訪問見積もりを依頼する場合なら、電話やメールで伝えなくてもあなたの部屋に来て無料で行ってくれるので問題はないはずです。

しかし、新居へ着いてから運び忘れてしまったものが見つかるケースも意外と多く、頭の整理にもなるので荷物リストがあるだけでも準備が捗ります。

  • 荷物を紙面上で整理することで作業がスムーズになる
  • 荷物の紛失を未然に防げる

このような2つの大きなメリットがあります。子ども連れの家族ならば単身よりも荷物が多いので、リストの作成がいっそう大事になります。

そこで、引っ越しの荷物リストを作成する際のコツを以下でご紹介しているので一度確認しておきましょう。

  • 「台所」「衣類」「家具」「お風呂場」など大きな項目を最初に立てる
  • 台所用品ならば「調理器具」「冷蔵庫の中」「食器類」など細かく項目を立てる
  • 冷蔵庫や洗濯機などの大きな家具は横幅や奥行きなどの寸法を測る
  • 小物は漫然とダンボールの中に詰め込むのではなく似た要素でまとめておく
  • 新居のどの部屋に置くのか書いておくと引っ越した後に便利

上記のような点を意識して作成していれば、慌てて準備をする必要がなくなります。

もちろん、2日前や前日から始めても間に合わない可能性が高いので、子ども連れの家族ならば荷物が多くなるのを想定して1ヵ月前くらいから少しずつ始めるべきです。

3月や4月など繁忙期に引っ越しを行う予定の方は、可能ならば準備を始める1ヵ月以上前から業者の予約をした方が良いでしょう。

引っ越しのスケジュール

行き当たりばったりで準備していると案外失敗しやすいものです。以下では経験者の失敗談を幾つか挙げてみました。

  • とにかく段ボールに詰めまくっていたから何がどこにあるのか分からなくなった
  • ゴミが大量に発生して余計なお金を業者へと支払うはめになった
  • 荷物の整理が引っ越しの当日までに間に合わなかった
  • 冷蔵庫の中身を当日までに使い切れなかった
  • 引っ越し完了までにかかる時間が大幅に長くなった
  • 後からもっと安い引っ越し業者があることを知ってショックだった
  • 引っ越し先で元々使っていた家具が入らなかった

上記のような失敗を防ぐためには事前準備が欠かせないと言っても過言ではなく、きちんと理解していれば大きなトラブルには繋がりにくいはずです。

特に、小さな子どもがいる家庭の引っ越しはやらなければならない手続きが多く、最初にスケジュールを立てて少しずつ進めていくのがコツとなっています。

そこで、下記では引っ越しのための大まかなスケジュールを構成してみたので、自分たちの状況と照らし合わせて確認してみましょう。

  1. 希望する日にちに引っ越しを済ませるためにも早めに業者を選ぶ
  2. 少しずつ新居へと持っていく物を確認して荷造りする
  3. お世話になった近隣の住人の方へと挨拶に回る
  4. ライフラインや各市町村への手続きの内容を確認しておく
  5. 引っ越しの前日までに不用品を処分しておく(粗大ゴミはなるべく早めに)
  6. 当日に業者が来て直ぐに作業を始められる状態を作っておく

単身での引っ越しと子連れでの引っ越しでは手続きの種類が異なるので、イレギュラーな出来事も想定して準備を進めてください。

引っ越し準備の必要物品と荷造りのコツ

このページでは、引っ越しの準備に必要なものを幾つか挙げてみたので、取り掛かる前に一度チェックしておきましょう。

  • 段ボール
  • ガムテープ
  • 新聞紙
  • ビニール袋
  • サランラップ
  • 掃除用具
  • ロープや紐
  • 輪ゴム
  • マジックペン
  • カッター
  • スリッパ
  • 工具類
  • 軍手
  • 雑巾

引っ越しの荷造りには上記のようなアイテムが必要です。特にダンボールが欠かせない存在なのはお分かり頂けるはずです。

子どもがいる家庭ならば1日や2日で荷造りを行うのは難しく、不用品の処分と合わせて数週間前から少しずつ取り組まなければなりません。

ダンボールやガムテープは依頼する引っ越し業者から貰える可能性が高いので、事前に相談しておいてください。

荷造りのコツは?

引っ越しで必要な荷造りのコツについていくつか挙げてみます。

業者へと依頼せずに自分たちで行うのならば事前にしっかりと確認しておきましょう。

  • ダンボールやガムテープなど荷造りに必要なアイテムの調達から始める
  • 普段の生活で使わないものから詰めていく
  • 重い本や食器は丈夫で小さなダンボールに入れる
  • 軽いものはまとめて大きなダンボールの中に入れる
  • 「割れ物注意」や「下積厳禁」といったテープを貼って区別する
  • 一つのダンボールを女性でも一人で持てるくらいの重さに調整する

「引っ越しの準備が上手く進まない」と嘆いている家庭は意外と多く、荷造りが下手という特徴があります。

目につくものから片っ端に詰めていると失敗しやすいので、上記でご説明したコツをうまく利用して荷造りしていきましょう!

引っ越しの準備が捗らない時はどうすれば良い?

・引っ越しの準備が想像以上に捗らない
・子育てを同時に行っているから準備できない

このような悩みを抱えている方は多く、引っ越しの準備は皆さんが想像している以上に手間取るケースが多くなっています。

そこで、以下では少しでも準備を捗らせるポイントをご説明しているので一度チェックしておきましょう。

  • ダンボールやガムテープ、ビニール紐など必要なアイテムを最初に揃える
  • 日常生活で使わないものから順番にダンボールに詰めて空き部屋に置いておく
  • 重いものは小さな箱に、軽いものは大きな箱に詰める
  • 冷蔵庫の中身を増やさないようにして前日までに空っぽにしておく
  • 家具や食器など日用品は取り出しやすい場所に保管しておく
  • 引っ越しまで数日間と迫った段階で普段使うものを少しずつ荷造りする
  • 数日間で終わらせようと意気込まないで数週間前からゆっくりと少しずつ取り組む

ファミリーの引っ越しでもコツを把握しておけば準備が捗らないと悩む心配はありません。

もちろん、同時に子育てをしているのならば夫婦の協力が必要不可欠ですし、旦那さんも仕事で疲れているからといって奥さんに任せ切りにしないでサポートしてあげましょう。

どうしても大変ならば、上のほうでもご紹介した引越し侍で荷造りを任せられる『おまかせパック』が用意された引っ越し業者を探してみてるのがいいでしょう。

費用は高くなってしまいますが、手間は劇的に減ります。お金を使って時間を買う、ストレスを減らすことができる、と考えれば悪い選択肢ではないでしょう。

引越し費用が50%安くなる!?

「引越し費用が高すぎる!」そんな悩みをお持ちのあなた!引越し侍を使えば引越し料金を最大50%お安くできます。全国200社以上の引越し業者と提携している引越し侍は、テレビCMも放送している大手です。申し込みは数分で終わり、見積もり料金は無料です!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    3 × 2 =